ROBEAM

ロビームについて

 2017年7月に設立しました。まだ設立したばかりの新しい会社です。
 社長の石原良太郎は、サービス業、製造業の会社を経営しながら、未来の産業を研究していました。今後、AI を含めたロボット事業の大発展は間違いありません。事業は後ろから風を受けることが成功の秘訣です。40年前のパソコン、20年前のケータイ、インターネットと同じようにロボットの爆発的なインパクトを予想しています。ロボットが家庭に入るときに膨大な需要が発生します。参入は、早すぎても、遅すぎても事業の継続は難しいです。今が最後のタイミングだと直感し、ロボット関連事業会社を設立しました。私の事業家としての夢を実現する会社です。
 大阪大学のロボット権威、石黒教授はロボット研究の目的は人間を知るためだと断言しています。ロボット関連事業を通じて「人間とは何か」を知りたいと強く願望しています。すでに「パワーロボット」「癒しロボット」「人型ロボット」「弱いロボット」など色々な切り口で研究が進んでいます。人類の未来や文化に貢献する事業に取り組むために起業しました。
 「人のため、楽しく、全力で」が私のクレド(信条)です。事業を通じて、やる気のある高齢者や起業を目指す人のための「場」を提供する会社を目指しています。
尚、会社を存続させるために、経営、販売促進及び人材育成に関するコンサルティング業務、イベント、セミナーの企画、運営業務、食品及び化粧品の販売、医療機器及び医療用品の販売なども定款にいれておきました。
 新会社の生存確率は6%といわれています。まずは会社存続のために全力で取り組む段階です。決断のスピードが弊社の優れたところです。「楽しくなければ仕事じゃない」気持ちいいのが一番です。日本一いい会社、楽しい会社を目指しています。