メディマットは、現代の住居環境に適したベッドマットです。
  メディマットは使用されているウレタンフォームと、その上を覆うベッドカバーに大きな特徴があります。 ハウスダストや花粉、ダニなどをベッド内部に侵入することをシャットアウトし、ウイルス(血液内在型)や細菌は、アルコールや次亜塩素酸ナトリウム(消毒液)などによって、ベッドの表面から、簡易に除去できます。安心で快適な眠りを実現します。

 ウレタンフォームの特徴(2層構造で快適な眠りを約束します)
 メディマットに使用されているウレタンフォームは上層部と下層部に別れており、上層部には低反発ウレタンフォームが使用され、体全体を包み込むことにより、体圧を面で支えることで、局部への圧迫負担を軽減させます。
 また、下層部の高反発ウレタンフォームは下から押し上げる感覚で、体全体の沈み込みを防ぎ、お尻や腰を支えます。2層構造(二種類のウレタンフォーム)により、快適な眠りを実現します。さらに、使用しているウレタンフォームは連続気孔構造(無膜化)になっているため、高い通気性があり、汗などの水蒸気を拡散し、体表面の蒸れを軽減します。

*体重を分散するので、局部に負担がかかりにくく、安眠できます。
*2層構造により、心地よく体を支えることで、局部の痛みの緩和が期待できます。
私自身、約1ヶ月、試用してみたところ、腰痛改善や安眠の効果がありました。でも本当に助かるのは介護する家族で、体位の変換や褥瘡防止、漏れの後始末に効果、効用があるようです。

 メディマットは介護保険の助成対象商品です。
 このような特徴を持つメディマットは褥瘡(床ずれ)対策用ベッドマットとして、病院・介護施設等で使用されています。
また、在宅介護が必要とされる方々にも広く使用されており、介護認定4級・5級の方々は介護保険の助成対象商品になっているため、保険請求ができます
申請に必要なTAISコードはカタログのスペック表の中に記載してあります。

TAISコード(用語の定義)
公益財団法人テクノエイド協会が管理・運営する福祉用具情報システム(TAIS)上の管理コードであり、介護給付費請求時に必要となる5桁(企業コード)—(ハイフン)6桁(商品コード)の半角英数字のコードのことです。

 開発中のメディマットベッドカバー(近日発売)を紹介します。

メディマットベッドカバーの特徴
 メディマットに使用されているカバーには、防水透湿機能を持つルストレEPX(ePTFEフィルムラミネート)が使用されており、防水機能(水を全く通さない)と、透湿機能(汗などの水蒸気を拡散する)を同時に実現しています。さらに、この素材は、アルコールや、次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダ)の希釈液による簡易消毒が可能なため、ウイルスや細菌に対する感染予防ができます。また、表面に使用している素材には、銀イオンによる抗菌・防臭加工も施されています。

*汗(水蒸気)は外へ拡散し、快適にお休みいただけます。
*汚水・汚物(おう吐、等)は消毒液をつけて拭き取る事で簡易消毒ができます。
*カバー単体の洗濯(家庭洗濯)が可能です。
(家庭用洗濯機での脱水・乾燥はお避けください。防水透湿素材を使用しているため、水切りが悪く、洗濯槽の破裂につながります。洗濯後、陰干しをお勧めします。)

(準備中)メーカーサイトで商品を選んでいただき「お問い合わせ」で連絡をいただければ代引きにて商品を発送します。(代引き手数料は弊社が負担します)メーカーのサイトで直接購入できますが、弊社で購入していただけると嬉しいです!

 車いす用のマット「メディマットスポーツ」は、開発中です。この商品は、弊社が一時代理店になる予定です。