2003年年末、長島彬先生により、空中形太陽光発電装置が発案され、「ソーラーシェアリング」と名付けられました。特許制度を利用して誰もが使用出来る公知の技術です。土地を立体的に用いて、土地本来の目的である緑の保全し、農水産物を得ることと、太陽光発電の両方生かすことを可能とします。「ソーラーシェアリング」は、太陽光発電の最大の欠点である「大面積が必要」という問題もクリアできます。強すぎる太陽を和らげるこの技術は、世界の食料とエネルギー問題を解決して「飢餓と貧困、略奪の無い世界を作る方法」として世界に発信する「日本発祥の文化」となることが期待されます。

 2019年6月5日、川崎商工会議所主催、「農業×太陽光発電特別視察千葉県匝瑳」に参加しました。太陽光発電には懐疑的でしたが、考えを一変しました。地上約3メーターにあるソーラーパネル下で普通に耕作を行っていました。ソーラーシェアリングです。日本の農地の半分で、日本の全電力を発電できるそうです。発明者の長島彬先生の話を聞いて、驚きました。農林省もその効果を認め、すでに全国2千カ所の許可を出しています。2020年1月には国会でも取り上げられました。
 ソーラーシェアリングは太陽光を2割程度カットすることになりますが、収穫量は変わりません。葉緑素の光飽和点の結果です。中国、韓国、アフリカで評価が高いとのことです。
 コロナ禍で回数は減っていますが、今でも月2回程度、CHO技術研究所(千葉県市原市)で農作業のお手伝いをしています。(2020/06現在)

 長島先生の新しい特許出願(2020/5)を受け、新製品「ソーラシェアリング3S」を開発中です。3Sとは、風に強い(ストロング)、簡単に施工できる(シンプル)、植物に優しい(スリム)の略です。傾斜地にも強い画期的な製品です。